婚約指輪

婚約指輪は人生のパートナーに贈るものです

婚約指輪とは結婚してほしい相手に贈るものです。

それは長い人生を一緒に過ごしてほしいという約束の証にもなります。
だからこそ男性は自分で選んで贈るのを当然としますし、女性も贈られた指輪を喜びます。

実際、結婚を考えるほどに好きな男性から贈られたのならそれだけで婚約指輪としては十分といえます。
しかし男性の方々、甘えてはいけません。
女性の世界は意外と怖いのですよ。
喜んでつけている女性を誉めながら、指輪であなたの価値をはかっているようなところがあります。

ですから婚約指輪はこれからの人生の妻となる女性側に示す最初の誠意と思ってください。
だったら高いものを贈ればいいのかといえば、それも首を傾げます。

金持ち同士の結婚ならともかく、普通の家庭ではあまりにも最初から無理をしない方がいいです。
その指輪が基準になっても困りますし、一般的な感覚の女性はあまりにも高い指輪はかえってつけにくいものです。
普段からこんなブランドの指輪が好きなことや誕生石、付けている装飾品の傾向などを軽くチェックしておくことは重大です。
本人や家族にもそして友人にもあなたが彼女のことをどれだけ見ているのか、理解しているのかなどの目安にもなります。
あまりブランドにこだわらない女性にはオリジナルジュエリーが多いCullent(カレン)はいかがでしょう。【Cullent(カレン)へリンク】
ある意味気軽につけられる装飾品が多く、次々と新しいデザインを生み出しています。

重ね付けしやすいデザインでもあるので、マリッジりングと共につけても決して邪魔にならないどころか、輝きを増すでしょう。
最近では婚約指輪はいつまで付けてもいいのかとか、折角もらったのにつける機会がないという女性の声も多いのです。
ある意味、婚約期間だけの婚約指輪ではなく、結婚してもずっと自分の隣で一緒に付けてくれていたら嬉しいものですね。
そういった意味でははじめから重ねてつけられる指輪を選ぶのはいいものかもしれません。